漆とガラス欠片の酒器『包』制作中の様子

ガラス欠片以外の部分を漆で形成したのち、仕上げの塗りに向けて、さらに漆を塗っています。


和色は中段を溜塗(朱漆の上に透漆の塗り重ね)にするため、一旦全体に朱漆を塗っているところです。



7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

銀座蔦屋書店でのイベントに出展中

銀座蔦屋書店でのイベントに、漆とガラス破片が融合した器「包」で出展中です。 漆とガラス破片の組み合わせ、漆だけでつくられた薄さ1mmの口縁、重さなど。 画像だけでは伝わりにくい質感を確かめに、お近くにお越しの際は、どうぞお立ち寄りください。 銀座蔦屋書店 文具コーナー 「漆とそのかたち」 9/1~9/30 https://store.tsite.jp/ginza/event/stationer