『包』掛軸


書家・乃鳳さんに書いていただいた『包』の掛軸が届きました。


乃鳳さんのお父さんが表具師なので、表装も乃鳳さんご自身でされてます。



今までは書のデータをプリントアウトしていたのですが、やっぱり実物の生感は別物。


墨の濃淡、かすれ。

分からないながら、筆の動きを想像してしまいます。




布地の色も『包 -TsuTsuMu- 』のイメージで、朝からずっとニヤニヤしっぱなしです。


どこに掛けるのが一番いいのかなーと思いつつ、まずは塗り場に掛けてみてます。


塗り場が更に凛とした空間になってます。


とても嬉しい!

乃鳳さん、ありがとうございました!😊


https://www.instagram.com/nohohphoto/?hl=ja

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

銀座蔦屋書店でのイベントに出展中

銀座蔦屋書店でのイベントに、漆とガラス破片が融合した器「包」で出展中です。 漆とガラス破片の組み合わせ、漆だけでつくられた薄さ1mmの口縁、重さなど。 画像だけでは伝わりにくい質感を確かめに、お近くにお越しの際は、どうぞお立ち寄りください。 銀座蔦屋書店 文具コーナー 「漆とそのかたち」 9/1~9/30 https://store.tsite.jp/ginza/event/stationer